FC2 PPV 3197034 – A beautiful piano teacher who attracts men with beautiful pheromones full of transparency and outstanding proportions. !

67 / 100

FC2 PPV 3197034 – 透明感溢れる麗しいフェロモンと抜群のプロポーションで男を魅了する美しいピアノ講師・・・お嬢様育ちとは思えない程の痴態を晒し2回連続生中出し!!
窓から見える景色を見て彼女のテンションは上がっていた。
無邪気に喜ぶ姿は純粋な子供のように思えてしまう。

だが、ここに来るまでの彼女の表情は大人の色気といやらしさを醸し出した何とも言えないものだった。
まるで最初から僕が誘う事を予感していたかのように・・・。

動物園で僕が見た彼女と、いまホテルにいる彼女。
どちらも可愛らしく魅力的ではあるが、もちろん後者の方に僕は興奮を覚えていた。

僕が彼女を抱きしめると眼をつむって身体を預けてくる。
柔らかい唇にそっとキスをする。
彼女は舌を絡ませすっかり僕を受け入れているようだった。

僕の手は彼女の身体を弄りスカートを脱がせた。
ストッキング越しに彼女の体温を感じるが、少し火照っているようだ。
ストッキングを脱がしニットまで脱がせた。
彼女の下着が見えるが、胸の膨らみはニット越しに見ていたものよりも大きい。

血管が透き通るような白い肌に僕の視線が集中し、それに気づいた彼女は少し照れ臭そうにしている。
僕はたまらず下着をずらし、感度の良さそうな乳首を刺激した。
彼女は指が触れた途端に、身体を震わせながら吐息を吐き出している。

けっこう興奮してるんだ・・・。

僕は下着を脱がせると窓際に立たせ胸を愛撫した。
外から丸見えな事に彼女は戸惑っているが、嫌がるそぶりも見せていない。
彼女をベットに寝かせると、下着を脱がせ女性器を愛撫した。

早くも女性器からは体液が溢れ、ピンク色の肉壁をしたたり落ちている。

かなり感度がいい・・・。

吐息はどんどん大きくなり、指が敏感な箇所に触れるたびに身体がピクッと反応している。
クチュクチュと聞こえる卑猥な音が聞こえるたびに彼女の眼差しは淫靡に見え、僕は我慢できず彼女に男性器を奉仕させた。

ゆっくりと味わうように全体を愛撫し、先端部分を口の中に含んでくる。
じんわりとした快感が僕に伝わり、思わず声が漏れてしまう。

僕は彼女を窓に手を付かせ後ろから挿入した。
激しく腰を動かすと甲高く喘ぎ声を出し、可愛らしい顔は卑猥な程に快楽を感じている。

彼女をベットに四つん這いにさせると僕は後ろから挿入した。
均等の取れた身体は僕の動きにシンクロするように震え、彼女の喘ぎ声もさらに大きくなっている。
そして彼女は快感が高まり最初の絶頂を迎えていた。

僕は彼女をベットに寝かせると腰を深く挿入した。
ビクッと彼女が反応し、僕はそれを合図に大きく腰を動かした。
すると彼女も絶頂を迎えようとしていたが、僕の限界も近づいている。

僕はさらに腰を動かした。
彼女に中に出す事を伝えると嫌がるそぶりを見せられたが、我慢できず濡れた女性器の中で射精した。

興奮で赤く染まる女性器から垂れ落ちる精子はたまらく卑猥だった・・・。
FC2 PPV 3197034

Date: March 7, 2023
Actors: Star