FC2 PPV 3135565 – A teenage student with an E cup body where sex appeal and cuteness coexist. Massive squirting with a mature body that is too erotic, “Ikimochii…!!” Cum many times with dense sex that intersects body fluids.

67 / 100

FC2 PPV 3135565 – 色気と可愛さが共存するEカップボディの10代生徒。成熟したエロすぎるカラダで大量潮吹き・人生初の生挿入に「生きもちぃ…!!」連発。体液交わる濃密なセックスで何度も絶頂。
「石の上にも3年」という言葉があります。

私の好きな言葉です。筋肉を鍛え上げるにも3年かかります。私が前回、塀の中へぶち込まれていたのも3年くらいでした。

そして青春時代の制服女子たちにとって、3年間というのは2度と戻れない期間限定の特別な時間です。

その時間を恋のために使う女の子。それが今回の、まいなちゃんです。

まだ入学したばかりの、まいなちゃん。

バリバリの本物1年生。色白の肌ツヤがプルプルすぎます。そして目に飛び込んでくるのはEカップボディ至福のカラダ。

義務教育を終えて、やっと大人の階段を一歩登った彼女。

恋人しか知り得ないような濃密な空気に包まれた最高のセックス体験でした。

対面すると男が喜ぶ無垢な表情で次郎をお出迎えしてくれます。

ぼてっとした厚めの唇。くっきりとした二重。大きな瞳と純白のお肌。セーター越しにもはっきりとわかる発育中の胸部の膨らみ。

いかにも学園ドラマに出てきそうな可憐な乙女。まいなちゃんには大人の彼氏がいるそうです。

「ここだけの話にしてねッ…!!」

笑顔で衝撃の事実を教えてくれました。

なんと彼氏は数学教師の26歳。しかも、どうやら義務教育時代の担任の先生だった男です。ふざけた聖職者がいるものですね。

義務教育を終えた春休みから、まいなちゃんは先生の毒牙に侵されてしまったそうです。

私を差し置いて、こんなかわいい女の子に手を出すとは。聖職者どころか生殖者。たいした犯・罪・者です。

しかし、まいなちゃんのEカップボディと可愛らしい大きな瞳で見つめられると、教え子に手を出してしまう気持ちもわかります。

まいなちゃんはその教師に、よく放課後に数学を教えてもらっていたそうです。思春期の女子です、いつの間にか恋心を抱くようになってしまいました。

同学年の男たちは、ガキんちょすぎる。思春期女子にとっては大人の男が魅力的に見えます。あぁ教師になりたかった。

何度も勉強を教えてもらううちに、まいなちゃんは聖職者、もとい性癖者と仲良くなりました。

「今度はうちで勉強教えるよ?」と言葉巧みに家に呼ばれた彼女。ウキウキ気分で先生の家に行ってしまいました。

そして、まいなちゃんは数学教師に手を出されました。彼女は驚きながらも、その関係に身を委ねてしまったそうです。

ふわりと揺れほのかに香るサラサラの髪に教師も興奮を抑えられなかったはずです。

彼女の色白Eカップの発育中オッパイの美しさを生で味わったなんて、私は悔しいです。

彼女のプルンプルンのEカップの色白ボディを眺めるだけで胸が高鳴ります。

初めてまいなちゃんを見かけた時、その優しく穏やかな空気に、たちまち恋に落ちてしまうほどでした。

出会ったのは山手線のある駅のホームでした。豊満な胸と白い生足を輝かせて、メスの色気を放っていた制服姿の彼女に声をかけました。

話してみると、まいなちゃんの中に歳上の男への憧れと性への好奇心を感じとりました。

やや強引にホテルに誘導すると抵抗なしで、ついてきます。盛りのついた思春期って扱いが簡単です。

10代特有のキュートな顔立ちとおっとりとした雰囲気からは、エロい香りがプンプンしています。

そして制服の上からもわかるほどの巨乳。勃起が止まりませんでした。

個人用の趣味と称しカメラを回しました。まいなちゃんに不安な顔が一瞬ありましたが、打ち解けたら楽しそうに参加してくれました。

まさか世界中の皆さんに、発育中のエロすぎるボディが晒されているとは思ってもいないでしょう。

しかし、これは聖職者を生殖者へと導いてしまった、まいなちゃんへの罰なのです。

見た瞬間分かりましたが、感度はとても良さそうです。色白のきっちりくびれたウエストをみただけで勃起しまくりでした。

きっと彼女をご覧になった皆様は、最高のプライスレスな作品だと感じていただけると思います。

この子を経験したことのない快楽へと導き、そして教師との関係に戻れなくなると思うと興奮が収まりません。

いつの日か、自分の動画が世界の変態どものズリネタとなっていることに気づき、絶望することを想像するとチンポはダイアモンドよりも硬く輝いてしまいます。

誰に対しても献身的で優しい心遣いができる頑張り屋さんな彼女。そのひたむきな姿に先生も心奪われてしまったのですね。

若さがゆえの透明感のある肌をソフトタッチ。張りがすごいです。そして成長しているEカップのお胸の弾力は一級品。

耳を舐めると「だめだよ….やばいから…」と顔を赤らめてメスの表情。

教師に感度を開発されてしまったのでしょうか。謎の嫉妬心に胸を焦がしました。執拗に耳を攻めてあげます。

キスを始めると唾液を絡めてベロベロに舌を絡めてくる、まいなちゃん。

普段は演劇部の部長を務めているそうで、日々、稽古に勤しんでいるそうです。

可愛らしさと女性らしい色気が混ざりあう彼女は色々な役をこなせるでしょう。その比類なき極上ボディと美フェイスを眺められるなら共に舞台に立ちたい。

10代なのに激しいベロキスをしてきます。学校ではこんな実践的な稽古をしてくれる同級生はいません。

まいなちゃん、キスをしながらもずっと私の息子をいじってきます。大人の彼とお付き合いしているだけあって、大人の喜ぶことをわかっているようです。

まいなちゃん、常に笑顔をたやさずやさしく微笑みかけてくれます。一緒にいると本当の恋人、と勘違いしてしまうレベル。

M字開脚させると、すでに湿っている発育中おマンコ。大人の彼に開発されただけあって、すでに身体がマッスルを求めています。

おパンツからは発育中の毛がはみでています。まだ処理のあまいところが経験の少なさを感じます。

聖職者の彼としか経験していない、まいなちゃん。下の身だしなみはまだ教えてもらっていないようです。

「ダメ…ダメ…気持ちいぃ」

発育中マンコをいじると声をだす、まいなちゃん。恥ずかしながらも、なんとか自我を保っていますが、身体は正直です。

そして大量の潮がおマンコから噴き出してしまいました。人生初の潮吹きだそうです。教師のくせに潮も吹かせてあげられないのですね。

透明感のある清楚な雰囲気と可愛らしさを持つ10代の彼女と、放課後セックスを楽しんでいます。

身体をいじくり回して、まいなちゃんの”お導き”の準備が整ったので、大好きなおちんちんを舐めさせてあげます。

嬉しそうな、まいなちゃん。相当おちんちんが好きなようです。口いっぱいに咥え込み、息も荒くなってきます。

しゃぶりながら、私を見つめる上目遣いもたまりません。

彼ともまだ未体験のパイズリも経験させてあげます。慣れないことで、うまくはできませんが、一生懸命チンポを頬張る姿に次郎はキュンときてしまいます。

さすが演劇部の部長を務めるほどの優等生。何事も頑張り屋さんです。

私の息子も準備が整ったので、いよいよ”お導き”です。

「生で入れるの??怖いよ…」と不安そうな彼女。

でもやっぱり好奇心が勝ってしまったようです。カレに内緒にしてくれるなら生でいいとのことです。いつも女の子って言い訳を作りたがりますよね。

これから全世界に公開されるのに何が内緒なのか私にはわかりませんが、我慢できるはずもなく当然ナマ挿入です。

「すごい…..おっきぃ……やばい….きもちい….」

と心から快感を感じてる思春期まいなちゃん。心臓が高鳴り、ピストンにも熱が入ります。

まいなちゃんのキツキツで濡れ濡れの膣内がチンポにまとわりついてきます。快楽に耽るまいなちゃんの表情もたまりません。

最初の雰囲気からは想像もつかないほどの積極性と大胆さは目を見張るものがあります。

常に相手のことを気にかけてくれる性格の彼女、きっと先生の事だけを考えた献身的なサービスを先生にしてあげてたのでしょう。

しかし、まだ騎乗位をしたことがないという、まいなちゃん。

数学教師って本当に指導不足です。教員免許持ってるのに全く人を教え導くことに向いてません。

前科持ちを舐めないでほしい。私のオトナの指導で、騎乗位そしてM字騎乗まで叩き込みます。新たな快楽に口元が緩み、目がトロンとする彼女。

私のギンギンのチンポが、まいなちゃんを下から突き上げます。

男性の心を惑わす視線と全身から放たれる**のような雰囲気がたまらない。エロすぎる制服姿。すべてが捉えどころのない魅力にあふれています。

そんな抜群なスタイルを持つ彼女ですが、豊満なバストと引き締まったウエスト、バランスの良いスタイルは、理屈抜きで男心をくすぐります。

素晴らしいヒップラインを見ながらのバック、彼女の感度がさらに上がり声がどんどん大きくなります。

波打つお尻を見ながら、時には早く、時にはゆっくり、時には激しく、時には優しく、慈愛の溢れる指導をしてあげます。

くびれた柔軟性のある腰がお尻を突き出してきます。

そしてついには、

「もっと欲しいよぉ…もっと突いてぇ…」

とおねだりをしてきますので、腕を引っ張って、さらなる奥まで激しく突き上げます。

「もう…だめ…」

限界突破してしまう、まいなちゃん。もう我慢無理です。いよいよ、種付けです。

「あっ…でも中はダメだよ…」といいつつ、気持ちよさに理性が飛んでしまう、まいなちゃん。

育てがいを感じた私は、半分を外に、そして半分を中にたっぷり注入してあげました。
FC2 PPV 3135565

Date: November 27, 2022