FC2 PPV 3115053 – Fair-skinned slender beauty who likes organic food. She has a beautiful pink undersized pussy. Even though she is a vegetarian, she is forced to eat Gingin’s meat stick and faints in agony.

67 / 100

FC2 PPV 3115053 – オーガニック食品が好きな色白スレンダー美女。ピンク色の小さすぎるマンコが美しい。ベジタリアンなのにギンギンの肉棒を食べさせられ悶絶、人生初の大量中出し。
女性の美しさは永遠ではありません。いずれ朽ちてしまいます。

しかし、いつまでも美しくありたい。女性の欲望は尽きることがありません。美の探求。素晴らしいことです。

でもお金がかかります。美しくいるためにはお金が必要なのです。

そしてお金に困った女の子たちは、次郎に”お導き”を求めます。このスパイラルからの解脱を求めて…

今回は高卒でオーガニック食品の販売会社に働いてる、すみれちゃんを”お導き”しました。

すみれちゃん自身も、自然由来のオーガニック食品ばかり食べてるベジタリアン。

色白でお肌プルプルで、病的なほどにスレンダーです。しかし、いかにもお金がかかりそうな食生活です。

美容のためにお金が欲しい、すみれちゃんは過去にもお金がもらえると騙されて、おじさんとエッチしちゃったらしいです。

ベジタリアンのくせに、オッサンの肉棒を食べるとは。これは厳しい”お導き”の必要があるかもしれません。

そんなこともあってか、「また騙されるんじゃないか…」と私の前でも緊張してる様子です。

次郎の質問にはハキハキと答えてくれる、すみれちゃん。真面目で優しい性格のようです。

末端冷え性で手が冷たい、すみれちゃん。手が冷たいのは心が暖かい証拠です。

バスローブを開くと、色白の肌、健康的な腹筋、そして浮き出る鎖骨。本当にスレンダーです。

お話をしながら、すみれちゃんの可愛らしいお顔にキス。

緊張でぎこちない笑顔。”お導き”に慣れていないため、ぎこちない笑顔の、すみれちゃん。

そんな表情を見れられると、次郎の息子は肥大化してしまいます。

経験の少ないすみれちゃん。前に出来た彼氏ともえっちをしてなかったといいます。

なんと先週、人生で初めて男の肉棒を触ったそうです。なんだか少し緊張してきました。ギンギンのナマ息子を触らせてあげます。

実際の経験はほとんどなくても、えっちな動画やら小説やらを読んで、知識はあるという耳年増なすみれちゃん。

次郎の息子を触りながら、こころなしか嬉しそうです。

バスローブを完全に脱ぐと、スレンダーな肢体が露わになります。

野菜ばかり食べていると、こんなスレンダーな体になるようです。しかし、今日はたっぷり肉棒を加えさせてあげようと思います。

乳首を舐めてあげますが、感度がまだまだのようで、戸惑うすみれちゃん。脇も舐めてあげると、恥ずかしさからか苦悶の表情に。

まだ経験の少ない女の子が、いきなり私のような前科者の覆面男に舐められています。しかも裸体を撮影されている。そして無断で全世界に公開されてしまう…

この状況に困惑しているのでしょうか。そして、それを見て興奮を高めてしまう私。

おパンツを脱がせて、M字でご開帳。

そこには綺麗すぎるおマンコがありました。幼いマンコです。毛もなくピンク色の小さなおマンコ。クリトリスもぷっくりしていて、よく見えます。

恥ずかしくて、目を泳がせるすみれちゃん。もっと辱めるべく次郎は綺麗なおマンコへダイブします。

さすがにクリトリスを舐めてあげると、声が漏れてしまいます。

この瞬間のために次郎は前科4犯になったと言っても過言ではありません。最高です。

緊張しすぎて、乾き気味のおマンコ。なので、次郎がよだれをたっぷりと注ぎ込んであげます。

まだまだ発展途上なおマンコ。小さくてキツキツ。指を入れるのも大変。まるで「一桁歳」のおマンコじゃないか……

次郎のギンギンチンポが、入るのか不安です。

指を奥に突っ込むと、「あっっっっ…」と声が聞こえます。

少し恐怖を感じながらも、愛液が奥から溢れてきます。カラダは正直です。

指をとんでもなく締め付けてくる、すみれちゃんのおマンコ。

驚く次郎をよそに、おマンコをいじられたことで打ち解けてきた様子のすみれちゃん。

打ち解けたい女子とは、飲みに行くより、デートをするより、おマンコをいじってあげた方がいいようです。

しかし、舐められたりはまだまだ抵抗がある様子。快楽に浸りきれないすみれちゃん。

そんな表情を楽しみながら、次郎は興奮を高めていきます。嫌がられてる表情が一番興奮します。

しかし嫌がりながらも、息子を握っているのが女性の不思議なところです。

生命の神秘です。いや、生命のちんぽです。

息子に抵抗はなく、むしろ好きそうなので、フェラチオをさせてあげます。

最初は遠慮がちに舌を使って舐めてきます。短いストロークで行う亀頭攻めは私のツボにハマります。

口の中に咥えてもらうと、吸い付いてきて、意外にも上手です。奥まで咥えさせると、喉奥が感じているようです。よだれも溢れてきます。

すみれちゃんの口マンコ、絶品です。咥えてるお顔もキュートです。

さてさて、そろそろ”お導き”に入りたいのですが、

すみれちゃんのおマンコがきつすぎて、さすがに入らなそうなので、すみれちゃんに自らの指で広げてもらいました。

マッスルキング次郎史上、前代未聞の事態です。

すみれちゃん、自分の指を一本一本舐めて、おマンコの奥まで突っ込んでいきます。

世にも稀な映像です。ひみつの花園へ、自分のよだれまみれの指をつっこみ掻き回します。

最終的に3本の指を自分のおマンコに突っ込んだ、すみれちゃん。

見事におマンコを広げてくれました。

すみれちゃんの力を借りて、”お導き”の準備が整いました。

これは次郎の力不足ということではありません。”お導き”とは共同作業なのです。(言い訳)

それでは指より遥かにふっとい、次郎の息子をゆっくり、時間をかけて、すみれちゃんのおマンコに入れ込んでいきます。

ベジタリアンだけあって、肉棒を飲み込むことをなかなか受け入れてくれませんが、焦ってはいけません。

ゆっくりゆっくり。すこしずつ広げていきます。それでも、奥まで入らない、貴重なキツマン。まるで●歳のマンコ。

息子もこの貴重な体験を楽しんでいます。

最初は痛がっていた、すみれちゃんも徐々に慣れてきて、声を漏らしはじめます。

奥行きも狭い、すみれちゃんのおマンコ。次郎の息子で子宮口を刺激してあげます。

緊張と快楽で、筋肉がこわばる、すみれちゃん。さらに締め付けてきます。

騎乗位に移行し、上に乗っかってもらいます。今度はすみれちゃんの子宮が、息子の亀頭を打ち付けてきます。

せまい奥行き最高です。刺激が脳まで響くようで、すみれちゃんの表情も変わってきます。

逝ってしまう前に、バックです。バックもまた、きっっっっつい。

しかし、だいぶ拡張されてきたようで、奥の奥まで入れることができます。新しい感覚に、シーツを握りしめる、すみれちゃん。

それにしても、小さいピンク色の美しいおマンコです。マンコだけ見たら、●歳のマンコだと勘違いしてしまいます。

そして、フィニッシュ。

「ダメ、、やだ、、、」というベジタリアンに、タンパク質たっぷり肉棒由来の精子をぶち込んであげました。

放心状態のすみれちゃん。

しかし、「気持ちよかった…」と笑顔で言ってくれました。

またおマンコがしまる前に、どんどん肉棒を咥え込まないとね。

FC2 PPV 3115053

Date: October 25, 2022
Actors: Star