FC2 PPV 3086227 – A girl who is too cute with an idol face that is spoiled like a kitten ◯ raw! ! Ejaculation in the vagina without rubber in quick succession after giving a dirty man’s sex juice! !

67 / 100

FC2 PPV 3086227 – 子猫の様に甘えるアイドルフェイスの可愛すぎる女子◯生!!汚れた男の性液を飲ませたあげく立て続けにゴム無し膣内射精!!
以前彼女と禁断の関係になった時の事。
「今度は秋葉原にでも行こう!」と約束したのだが、なかなか僕の予定が合わず行けないままだった。
ある日、僕の仕事のスケジュールが秋葉原で入ったので彼女にその事を伝えると、彼女の都合もよかったのでその日に会う事にした。
この前の続きも企んでの事。

当日、僕は電車でやってくる彼女と駅で待ち合わせをした。
改札を抜け僕を見つけると、ニコニコと小走りしながら彼女はやって来た。
僕に見せる人懐こい笑顔と明るい笑い声にはとにかく癒される。
そして子猫ちゃんの様な振る舞いにはメロメロにされてしまう僕がいた。

なんか可愛くなったな・・・。

そのことを彼女に伝えると、彼女は屈託のない笑顔を僕に見せてくれる。

2人でよくTVで見る風景が立ち並ぶ街並みを歩く。
お馴染みのメイドさん達もいたが、彼女の方が断然可愛いと思ったのでその事を彼女に伝えるとひたすら照れる彼女。
普段見る事のない街並みの異文化に驚き、はしゃぐ彼女。

頭を撫で撫でしたくなるくらいとにかく全てが可愛らしかった・・・。

立ち寄ったゲームセンターで彼女がプリクラを撮ったのだが、出来上がったプリクラを半分僕にくれた。
これは後で一人でこっそり眺めることにしよう。

出てお腹が空いた彼女とケバブやカキ氷を一緒に食べた。
モリモリ頬張る彼女の姿もまた可愛かった。

そして・・この前よりもっと深い関係になるべくホテルへ連れ込んだ。

 
僕は彼女の隣に座り、肩を抱き寄せた。
いい香りがする・・。

ブラウスの上から可愛く膨らむ胸を触り、ソファーに脚を乗せて広げさせる。 
スカートの下は白の下着だった。

彼女に下着をずらさせ、女性器を自分で刺激させた。 
彼女の指は突起部をこねるように刺激し、小さく吐息を吐き出した。
僕はブラウスのボタンを外し、背中に手をまわして下着のホックを外し指で乳首を刺激するが、彼女の指は女性器の中でも最も敏感な個所をずっと触ったままだった。

彼女の行為を無言で見ていると吐息を荒くしながら喘ぎ、自分を慰める行為を続けている。
そして僕が見ている中、最初の絶頂を迎えていた。

ベットに移り、僕は彼女の下着を脱がせた。
乳首を舌で刺激すると、彼女は柔らかな吐息を吐き出す。

僕の指は彼女の身体を這うように伝い、そのたびに彼女は身体をピクッと震わせる。
いやらしい音を響かせながら彼女から体液が溢れ出てくる。
そして彼女は僕の指で2度目の絶頂を迎えていた。

だいぶ興奮していたのか、彼女は男性器を手で握っている。
そのまま彼女に奉仕させた。
彼女が舌で僕の乳首を刺激すると、体温がゆっくりと伝わってくる。
彼女の舌が下の方に向かい、男性器を包むように舐め上げる。
やがて口の中に頬張ると唾液で濡らしながら快楽を与えてくる。

そしてとうとう我慢できず、彼女の口の中に放出してしまった。
彼女は出たものを口の中で全て受け止め、そしてすべて飲み込んだ。

そんな事までしてくれるんだ・・・。

僕はその淫靡な行為に興奮し、彼女をベットに寝かせ挿入した。
久しぶりの感触に彼女の女性器が僕の男性器を締め上げる。
ゆっくり動く僕の動きに合わせ、彼女から甲高い喘ぎ声が聞こえてくる。

僕は腰の動きを速めた。
彼女は甲高い嬌声を上げ続ける。
そして何度も彼女へ深く挿入していると、ふたたび彼女は絶頂を迎えていた。

僕は何度も体位を変えると彼女も自ら快楽を求め、その後も何度も絶頂を迎えた。

そして彼女の膣の中に男性器を深く差し込み、ゴムを着けずに大量に射精した。
FC2 PPV 3086227

From:
Date: September 8, 2022
Actors: Star