FC2 PPV 2783434 – 個数限定!!「あぁッ、気持ちぃ・・」モデルの様な長身スタイルと愛くるしい笑顔が僕を誘惑するようで・・・密室に連れ込み…

FC2 PPV 2783434 – 個数限定!!「あぁッ、気持ちぃ・・」モデルの様な長身スタイルと愛くるしい笑顔が僕を誘惑するようで・・・密室に連れ込み…
ある日僕は彼女を春の陽気に誘われたかのようにデートの約束にこぎつけた。
待ち合わせ場所に現れた彼女はターコイズブルーのワンピースだった。
身長が高くスラっとした美人の彼女にはよく似合っていた。

この日は桜がちょうど見ごろでビックリするくらい人が多く、一年ぶりの桜を楽しんでいた。
人混みが嫌かなと彼女を気にすると、彼女はそんな事ないよと満面の笑みで喜んで見せてくれた。
本当は嫌そうな感じだったけど気を使わせてしまって申し訳ない気分になった。
僕は彼女の見た目だけではなくこういう気遣いが出来るところに好感を持っていた。

それでいて・・・
なんかこう・・
いやらしそうだし・・・。

あの長い脚を開脚させ気持ちいと顔を歪ませた喜ばせたい。
と、以前からそんな事を考えていた。

彼女はベットに身体を投げ出して、僕を大きな瞳で見つめている。

ワンピースをまくると彼女の下着があらわになり
脚をベットの上でM字に曲げさせ、太ももに指を滑らせると彼女の素直な反応が返ってくる。
ワンピースを脱がせると彼女は下着姿にさせると

予想通りスタイルがいい・・・。

彼女のスタイルを堪能しながら乳首を舌で愛撫すると、彼女の口からは吐息が漏れる。

下着を下ろすとぷっくりとした肉厚の女性器が見え、その奥に光るものが見えていた。
僕が指を指し入れると、粘液が僕の指に糸を引いている。

そのまま指と舌を使い、女性器を刺激し続けた。
彼女は眼を閉じて柔らかな吐息を吐きだしている。
やがて彼女の口からは歓喜の声が漏れ始め、僕の舌で絶頂を迎えていた。

彼女に乳首を舐めさせながら、男性器をゆっくり口へ咥える。
男性器に唾液を絡ませ、潤滑と快感を与えてくる。

僕は彼女に挿入した。
彼女の口からは甲高い喘ぎ声が漏れ、女性器から伝わる快感を腰を浮かせながら感じていた。
そして身体が小刻みに震えはじめたかと思うと、2度目の絶頂を迎えていた。

彼女の痴態を思う存分堪能した後、彼女の中で射精し果てた。
FC2 PPV 2783434

From:
Date: April 9, 2022
Actors: Star